交通事故と弁護士報酬

誰でも交通事故被害者になる可能性はあるものですが、中には後遺障害が残存してしまうこともあるものです。特に後遺障害が残ってしまった場合には示談で受け取る金額が多くなるため、相手方の保険会社と大きくもめるものです。そんなときに頼りになるのが弁護士です。離婚や借金返済など、いろんなことに関して相談に乗ってくれる存在ですが、交通事故についても相談に乗ってくれます。また裁判を起こすことも可能です。

弁護士に相談をしたり裁判を考えるときに気になるのが費用でしょう。場合によっては高額の報酬を支払わなければならないので、気軽に弁護士に相談ができないという方もいることでしょう。まず弁護士に相談をした場合、いきなり裁判に向けて話をするのではなく、依頼者がどのような希望をしているのかを聞き、また弁護士として意見を述べたりします。その際には費用が30分単位や1時間単位でかかるものですが、最近では相談料が必要ない事務所も出てきています。そのため、もっと気軽に話をしに行ってもいいものなのです。

交通事故では単に傷害だけの場合もありますが、後遺障害が残存する場合もあります。そのときには場合によって賠償額が高くなることも多くあるものです。そんな場合には裁判をした方がよく、弁護士を代理人として立ててもそのための費用がかかっても、賠償金で十分に賄うことができるものなのです。このサイトでは交通事故に関する弁護士への相談に対する報酬についてお伝えしています。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket