着手金と報酬金

交通事故で弁護士に依頼した場合に気になるのは費用ですが、一般的には2種類の費用が発生します。まず着手時に支払う着手金ですが、これは弁護士事務所によってそれぞれ金額が異なるので一律ではありません。ある程度の決まった金額を支払うところもありますが、最近では着手金を無料にしている事務所も増えてきています。そのため、裁判で得られた示談金などを弁護士への報酬に充てたいかたにとって、最初に支払う着手金が必要なければ負担が軽減されるので安心です。

報酬金についてもそれぞれの事務所によって異なりますが、多くは回収できた金額の10%に加えて20万円が請求金額になっているところが多くあるものです。結構高いと思う方もいるかもしれませんが、ただ交通事故での裁判では後遺障害のケースが多く、回収される金額も大きいので、その中から報酬を支払っても多くの示談金を得ることができるので、十分にメリットはあるのです。

弁護士に支払う着手金と報酬金については一般的で妥当な金額を支払う必要があります。中には高額な報酬を請求する事務所がありますが、度を超えたような報酬を請求する事務所はむしろ避けた方がいいと言えます。一般的な感覚を持つ事務所で依頼をする方が信頼できます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket