最初の相談

交通事故に関して弁護士に依頼をする場合、まず相談を行うことから始まります。いきなり裁判を行うのではなく、まずは弁護士に詳細を話してまずは今後の方針を話し合うことから始まるものです。その後場合によっては保険会社と弁護士が話し合いを行い、交渉が決裂した場合には裁判に移行するものです。

弁護士に代理人になってもらう際には着手金がまず発生しますが、その前の段階で初回の相談時には費用がいるものなのでしょうか。一般的には弁護士に相談をする場合、30分や1時間で5000円といった料金を請求されるものです。しかし中には最初の30分の相談は無料のケースが多くなっています。弁護士の方でも気軽に話を聞いてくれるので、この無料サービスは積極的に活用したいものです。

最初の30分であれば無料になっている事務所が多くなってきており、気軽に相談をすることができるようになっています。そのため、交通事故被害者の方はまずは気軽に弁護士事務所に連絡をしてみるといいでしょう。今では実際に弁護士に相談をする方も多くなっているので、特に敷居が高かったり大げさだったりすることでもありません。むしろ正しい意見を言ってくれるので、今後の方向をしっかりと見極めていくためにもまず相談をしてみることが大切です。

参照サイト⇒交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

着手金と報酬金

交通事故で弁護士に依頼した場合に気になるのは費用ですが、一般的には2種類の費用が発生します。まず着手時に支払う着手金ですが、これは弁護士事務所によってそれぞれ金額が異なるので一律ではありません。ある程度の決まった金額を支払うところもありますが、最近では着手金を無料にしている事務所も増えてきています。そのため、裁判で得られた示談金などを弁護士への報酬に充てたいかたにとって、最初に支払う着手金が必要なければ負担が軽減されるので安心です。

報酬金についてもそれぞれの事務所によって異なりますが、多くは回収できた金額の10%に加えて20万円が請求金額になっているところが多くあるものです。結構高いと思う方もいるかもしれませんが、ただ交通事故での裁判では後遺障害のケースが多く、回収される金額も大きいので、その中から報酬を支払っても多くの示談金を得ることができるので、十分にメリットはあるのです。

弁護士に支払う着手金と報酬金については一般的で妥当な金額を支払う必要があります。中には高額な報酬を請求する事務所がありますが、度を超えたような報酬を請求する事務所はむしろ避けた方がいいと言えます。一般的な感覚を持つ事務所で依頼をする方が信頼できます。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

交通事故と弁護士報酬

誰でも交通事故被害者になる可能性はあるものですが、中には後遺障害が残存してしまうこともあるものです。特に後遺障害が残ってしまった場合には示談で受け取る金額が多くなるため、相手方の保険会社と大きくもめるものです。そんなときに頼りになるのが弁護士です。離婚や借金返済など、いろんなことに関して相談に乗ってくれる存在ですが、交通事故についても相談に乗ってくれます。また裁判を起こすことも可能です。

弁護士に相談をしたり裁判を考えるときに気になるのが費用でしょう。場合によっては高額の報酬を支払わなければならないので、気軽に弁護士に相談ができないという方もいることでしょう。まず弁護士に相談をした場合、いきなり裁判に向けて話をするのではなく、依頼者がどのような希望をしているのかを聞き、また弁護士として意見を述べたりします。その際には費用が30分単位や1時間単位でかかるものですが、最近では相談料が必要ない事務所も出てきています。そのため、もっと気軽に話をしに行ってもいいものなのです。

交通事故では単に傷害だけの場合もありますが、後遺障害が残存する場合もあります。そのときには場合によって賠償額が高くなることも多くあるものです。そんな場合には裁判をした方がよく、弁護士を代理人として立ててもそのための費用がかかっても、賠償金で十分に賄うことができるものなのです。このサイトでは交通事故に関する弁護士への相談に対する報酬についてお伝えしています。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket